• これからの人生のために自立した生活・生きがいある生活の実践

理事長挨拶

 サンガホームページへ、ようこそありがとうございます。法人名のサンガの語源はサンスクリット語で「同志」を意味しています。障害を持つ人、持たない人すべての人が今この時を生きる同志として楽しく生きていこうという願いで付けました。限られた人生だからこそ、また紆余曲折の人生だからこそ共に楽しく生きていけたらと思います。

 長年、私は言語聴覚士として県立病院、また大学病院で勤務する中、もっと一貫して寄り添えるリハビリ支援をしたいという思いで、当法人を設立しました。言語障害、高次脳機能障害、認知障害と言った脳機能障害を持った方のリハビリ(言語、記憶、注意、認知、行動等)は、急性期、回復期はもちろんですが、その後の維持期とされる期間も継続した訓練が必要です。つまり脳機能、運動機能を維持していく事にも、継続した努力が必要です。そこに当施設の支援の基盤があります。いかに興味深く、いかに楽しくリハビリ支援ができるか日々切磋琢磨しています。

 また芸術活動を取り入れており、生きがい、やり甲斐に繋がるエネルギーを作り出す活動になっています。是非ご興味のある方はお気軽にご見学いただければ幸いです。 新たな出会い(サンガ)を心待ちにしています。

サンガの公的事業

高次脳機能障害総合支援センターサンガは
全国にも数少ない、高次脳機能障害をお持ちの方の訓練支援・生活支援をしているNPO法人です。

リハビリ訓練 共同生活援助 高齢者向け住宅

サンガの法人事業

サンガでは、年齢などの制限のない支援も積極的に行っています。

介護保険の適用が難しい小児・若年齢の方や、急な訓練支援を希望する方、その他公的な支援では対応が難しい悩みをお持ちの方、是非一度ご相談下さい!
その方の状態にあったサービスの提供が可能です。

リハビリ事業 リハビリ教育推進事業

サンガの取り組み

NPO法人高次脳機能障害総合支援センターサンガでは、
積極的にアート活動&外出活動を取り入れています。

アート活動により創作意欲を生きがいへと繋げ、外出活動により社会・環境への積極的意識化へ繋げ、自立した生活に必要なものをサポートしています。

PAGE TOP