• これからの人生のために自立した生活・生きがいある生活の実践

理事長・会長挨拶

 

 この度、前理事長が会長に就任し、私が理事長の大役を引き継ぐこととなりました。よろしくお願い致します。

 さて、私たちは高次脳機能障害への支援として、介護保険が適用される「デイサービス」において、リハビリが必要な方へ専門的訓練を提供しています。そして、それらの方や高齢者の方の生活支援としての「サービス付き高齢者向け住宅」、また障害をお持ちの方の共同生活援助としての「グループホーム」を加えた3施設で、利用者様の意思・人格を尊重したサービスを日々実践しています。

 また、利用者の皆様の生きがいを高めるため、従来からアート活動にも力を入れてきましたが、より一層充実させるため「ドリームクリエイトパル」も開設しました。児童から高齢者まで幅広くアートのある生活を送れるよう、さらに発展させていきたいと思っています。

 私たちはこれからも地域密着施設として、利用者様お一人お一人に寄り添った支援が出来るよう、全身全霊を込め活動していきます。今後も皆様からのご指導ご鞭撻を賜りますよう、心からお願い申し上げます。
                                
理事長 
                                   池田 仁宣

 
 この度、理事長を辞して、本来の専門とする言語・高次脳機能リハビリテーションを主とした任務をさせていただくこととなりました。人生途中での障害は障害による困難だけでなく、人生そのもの、これからの生き方を問われる大きな課題がいきなり与えられます。支援に携わらせていただく我々は、常にそういったご利用者様の抱える課題を熟慮し、対応させていただかなければなりません。「心が元気になっていただく事」、何よりもこれが目標です。これからも、日々切磋琢磨し心を込めて支援に取り組ませていただきます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
                        
      会長                                  
                                北出 修子 

(医学博士・言語聴覚士)

サンガの公的事業

高次脳機能障害総合支援センターサンガは
全国にも数少ない、高次脳機能障害をお持ちの方の訓練支援・生活支援をしているNPO法人です。

リハビリ訓練 共同生活援助 高齢者向け住宅

サンガの法人事業

サンガでは、年齢などの制限のない支援も積極的に行っています。

介護保険の適用が難しい小児・若年齢の方や、急な訓練支援を希望する方、その他公的な支援では対応が難しい悩みをお持ちの方、是非一度ご相談下さい!
その方の状態にあったサービスの提供が可能です。

リハビリ事業 リハビリ教育推進事業

サンガの取り組み

NPO法人高次脳機能障害総合支援センターサンガでは、
積極的にアート活動&外出活動を取り入れています。

アート活動により創作意欲を生きがいへと繋げ、外出活動により社会・環境への積極的意識化へ繋げ、自立した生活に必要なものをサポートしています。

PAGE TOP